トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
官能小説『時を巡る少女〜アナタのためならエッチな女の子になり
日時: 2018/11/26 14:17:19
名前: 愛と官能の美学
参照: http://shy8.x.fc2.com/

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『時を巡る少女〜アナタのためならエッチな女の子になります』
(キーワード:ファンタジー・ラヴ・時空・レズ) 
第13話 「セックスはカウントダウンの中で」 とっきーさっきー 作 
 
美桜は咳込んでいた。
ボロボロと涙も流しながら、床の上に跪いていた。
犬のように四つん這いのポーズを取ると、腰をくねらせた。
オス犬を誘うメス犬のように、赤く艶やかな恥肉を恥ずかしげもなく晒した。
「はははっ、さすがは俺の彼女だ。いや、俺の愛する嫁だ。美桜……美桜……」
煙に虐められていたまぶたから、純粋な涙がこぼれていた。
残り5秒。
翔吾の両手が、揺らされる美桜の腰を掴んだ。
熱い息遣いを背中に感じ、硬い切っ先がスリットの縁に宛がわれて……

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

Page: 1 |