トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
官能小説『妹の甘い蜜』第2章 妹の腰
日時: 2018/11/28 10:29:32
名前: 愛と官能の美学
参照: http://shy8.x.fc2.com/

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『妹の甘い蜜』
(近親相姦) 第2章「妹の腰」 はるき 作

「どうだ? おにいちゃんに揉まれた感じは?」
顔を横に出してそう聞くと、鏡の向こうから俺の目を見つめながら、
「うん・・・今まででいちばん気持ちいいかも・・・」
「もっと気持ちよくしてやろうか?」
「どうするの?」
俺は右手をいきなり妹の股間に持っていった。
「あっ!」
そして、股間の茂みをそっと撫で上げる。
「ああっ!」
妹は腰を左右に振って、その手から逃れようとしたが、極端に嫌がっている
ふうでもない。シャワーで濡れた妹のヘアが指に絡みついてくる。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

Page: 1 |