トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
官能小説『時を巡る少女』第14話
日時: 2018/12/03 11:22:50
名前: 愛と官能の美学
参照: http://shy8.x.fc2.com/

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『時を巡る少女〜アナタのためならエッチな女の子になります』
(キーワード:ファンタジー・ラヴ・時空・レズ) 
第14話 「生への願いを股間に感じて」 とっきーさっきー 作 
 
「お願いします。もう一度、翔くんとわたしを生き返らせて……ください」
「ふ〜ん。生き返って、今度こそセックスするってこと?」
「はい、翔くんの……オ、オチンチンに、美桜の……オ、オマンコを突いてもらって、処女を捧げます」
美桜は懇願していた。
サキコに背中を向けたまま、つま先立ちし、膝関節をめいっぱいに伸ばして、突き出した腰を更に高く掲げた。
空いている左手を下腹から股間へと潜らせ、曝け出したスリットの肉に指を掛ける。
ズズッと沈めて、滑らかな粘膜に覆われた恥肉のヒダまで公開させる。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

Page: 1 |