トップページ > 記事閲覧
官能小説『みきの告白(改)』(完結)
日時: 2018/12/15 15:28:52
名前: 愛と官能の美学
参照: http://shy8.x.fc2.com/

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『みきの告白(改)』
(寝取らせ、3P)後編 Shyrock作

 浜田君は一気に根本まで自分のモノを突き込むと、私に覆い被さってしばらく首筋を舐めたり、
背中に指を這わせたりして、私の中の感触を楽しんでるみたいでした。
「う……うそつき……ぃ……っ……ひどい……やめて……!」
 私は、二人に騙されたことを知って、必死に足をばたばたさせたりしたんですが、
浜田君は一言もしゃべらず黙々と愛撫を続けています。
「……ん……ぐ……ぅっ……」
 先生が私に唇を合わせてきました。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存