トップページ > 記事閲覧
官能小説『淫獣の住む館』第2話
日時: 2018/12/19 09:29:13
名前: 愛と官能の美学
参照: http://shy8.x.fc2.com/

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『淫獣の住む館』
(キーワード:凌辱、羞恥、盗撮) 
第2話「脅迫」  赤星直也 作

になると「コン、コン!」ドアをノックする音がする。
「どなたですか?」福島が声を掛けると「永井です。ちょっとお願いがありまして」
「今開けます」(来たな。今夜は楽しめるぞ)笑顔になってドアを開けた。
ドアの外には、全裸の瑞穂が乳房と絨毛を晒したまま立っている。
「な、永井さん!」声を上げると「驚かないで下さい。ここでは何ですから、私の部屋で…」泣きそうな顔で言う。
(そうだ、それでいい)「わかりました」瑞穂に連れられて部屋に入った。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存