トップページ > 記事閲覧
SM小説『緊縛肉体保証人』第9話
日時: 2019/04/03 17:12:45
名前: 愛と官能の美学
参照: http://shy8.x.fc2.com/

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM小説『緊縛肉体保証人』
第9話 「五郎の反逆」 縄吉作

「フッフッフ、気がついたようだな、お嬢さん、足も広げてもらうよ」とマスターが真美を見下ろし言った。
「えっ」と真美は不自由な体で足元を見た。
二人の男がニヤニヤして真美の足元にしゃがみ込んでいる。
その磔柱には足元にも横木が打ち込まれているのだ。
真美の足首が男につかまれた。
「あっ、いやぁ、やめてぇ」と真美は必死に太ももを閉じ合わせた。
しかし、男達の力には抵抗しきれず両足は徐々に左右に広げられていくのだ。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存