トップページ > 記事閲覧
『くノ一ありさ 〜淫蛇の森〜』(完結)
日時: 2019/05/20 00:21:21
名前: 愛と官能の美学
参照: http://shy8.x.fc2.com/

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『くノ一ありさ 〜淫蛇の森〜』
(キーワード:くノ一、凌辱)
第9話「筒涸らし」 Shyrock 作

(ヌチュヌチュ……グニュ……)
「はぅっ、や……やめ……っ!うぐぐっ……!」
 ぬらめく玄の雁首が、ありさの狭い秘孔を、ズリュッ、ズリュッと抉じ開けるように侵入していく。
 女の園を貫かれる絶望と恐怖に、ありさは童顔を歪ませ首を振る。
「ぐふふ、前からの挿し心地は一段とよいではないか。おまえの泣き叫ぶ顔を見ながら
白い液をぶちまけるのが楽しみじゃのう」
「あぁぁぁ……っ!」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

(画像はヒロインのありさちゃんです)
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存