トップページ > 記事閲覧
官能小説『球 赤い欲情』
日時: 2019/06/22 18:49:42
名前: 愛と官能の美学
参照: http://shy8.x.fc2.com/

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『球 赤い欲情』
(ラヴ) 1話読切り Shyrock 作

「おかしいなぁ、まだ来ないなあ」
 湯船で待っていたが、なかなか入って来ない。
 突然風呂の照明が消えて、彼女が静かに入って来た。
 ドアから入る薄明かりを頼りに、球はシャワーでかかり湯をした後、そっとつぶやいた。
「ごめん、今日はやっぱりダメなの」
 蚊の鳴くような弱々しい声だ。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

(画像は球ちゃん)
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存