トップページ > 記事閲覧
官能小説『ゆま 祇園桜散りそめて』(新規)
日時: 2019/12/28 18:30:36
名前: 愛と官能の美学
参照: http://shy8.x.fc2.com/

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説『ゆま 祇園桜散りそめて』
(キーワード:ラヴ) 
第一話「権力者の獣欲」 Shyrock 作 

 昭和が明けた頃、舞台は京都の祇園、十七才になったばかりの舞妓“ゆま”は座敷に上がり先輩の芸妓たちとともに舞を舞っていた。
 まだ幼さが残るものの、そのつややかな姿を瞬きもしないでじっと見つめている一人の男がいた。
 男は黒縁のメガネと両端がはね上がった八の字形のカイゼル髭が印象的で、首相秘書官をしており名前を峰山勝治といった。
 日頃首相の懐刀と呼ばれているだけあってかなりの切れ者であったが、かねてから女癖の悪さには定評があった。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存